FC2ブログ

BIOHAZARD6を盛り上げよう!ブログ

BIOHAZARDの情報をまとめた非公式ブログです。 気軽にコメントしてください ブログすこし工事中


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


19
Category: BIOHAZARD6 情報   Tags: ---

BIOHAZARD6を盛り上げよう!その9

リアルタイムの一瞬一瞬で恐怖を

前回と同じ情報が複数あります!

・時代設定は2013年。3人の主人公それぞれの視点でストーリーが展開。

・人口の約9割である70000人がウィルスに感染した都市“トールオークス”をはじめ、世界中の様々な都市が舞台。

・中でも重要な意味を持つのは中国の都市“蘭祥(ランシャン)”で、クリスたちは囚われた国連高官を救出するためにこの地に降り立ち、かつてない大規模な戦闘に挑む。

・“蘭祥”は架空の都市だが、空気感を重視するために理想の雰囲気を持つ都市へ取材に行った。

・操作体系を一新し、『バイオハザード4』や『5』の三人称視点はそのままに、ストレスフリーな新操作を採用。

・リアルタイムの一瞬一瞬で恐怖を感じられるシチュエーションをどれだけ用意できるかにこだわった。例えば、仰向けに倒れた状態で銃を撃つ新アクションでは、そこにゾンビが覆いかぶさってきたら怖いだろうな…という恐怖感も演出している。

・銃を構えたままの移動やリロード、カバーリング、スライディング&スライディングからの180°ターン&スライディングからのカバーリング、前後左右への緊急回避&緊急回避からの仰向け撃ちなど新たなアクションを多数用意。

・シリーズ未経験者でも楽しめるように作っている。

・発表と同時に発売日&価格を発表したのは初めて。発表にインパクトを持たせたかったのが主な理由で、それだけ開発が順調であるとも言える。

・開発がスタートしたのは2年前だが、その数カ月前から構想を練っていた。

・原点回帰ではなく、『4』『5』の良い部分を継承しつつ、その先を見せたい。シリーズとしての未来の形を見せたい。

・単に“怖い”で終わるものではなく、恐怖感や緊張感からの解放というカタルシスも大事。そういうホラーかつエンターテインメントをとことん追求することを目指した。ユーザーの想像を超えた“さまざまな恐怖”というものを描いている。

・『4』から9年の年月を経たレオンの髭面は、人としての厚みをビジュアル面でも見せたかったから。レオンとヘレナにロマンスがあるかについてはプレイ時のお楽しみで。

・本編中でコスチューム変化があるかどうかは想像に任せるが、本作は“史上最大規模のボリューム”で届けるので、期待して。

・クリスは『5』から4年が経過し、ひとりのエージェントから守るべき部下を持つ立場に成長。レオンとは異なる視点から事件に関与し、過酷な状況に身を投じていくことになる。

・トレーラーで悩みを抱えているように見えるクリス。同映像中で、部下がクリスに対して「だけど隊長、それはただの恨みだ!」言い放つシーンが、その謎を解くヒントになる。誰に対して、どんな恨みなのか、それを考えながら見ていると何となく見えてくる。

・点と点が繋がり線となる。トレーラーにはそんな要素を織りまぜているので、じっくり見ると色々と分かることがあるかもしれない。

・レオンとクリスが共闘するかどうかについては続報に期待してほしい。

・第三の主人公であるぼうず頭の男性は名前不明。東欧の紛争地域で傭兵として活動していること以外は全てが謎。ただし、彼の存在が世界を救う鍵になる。

・第三の男は、中年になってしまったレオンやクリスに代わって、若いユーザーが感情移入できるように用意した存在。ストレートな正義感でヒーローらしいヒーローで、今の時代性にあった“今時のヒーロー像”。

・現合衆国大統領は、アシュリーの父親の後を継いだ新たな大統領「アダム・ベンフォード」。レオンを合衆国エージェントに引き入れた人物で当時は政府高官だった。レオンの良き理解者で友人。

・『4』から引き続きオペレーター役としてイングリット・ハニガンが登場。前回よりも登場回数が増えているので、ファンは期待して。

・久しぶりにゾンビが敵として登場。飛びかかってきたり、武器を使うものも。この武器は生前の“残像”を見せる役割も担っている。なお、彼らをゾンビ化した原因はt-ウィルスではない。

・新たなクリーチャー「ジュアヴォ」(セルビア語で“悪魔”の意)も登場。言語を理解し、複雑な連帯行動をとり、高度な武器も操る。さらに、傷を再生する能力も有する強敵。

・「ジュアヴォ」は『4』のガナードや『5』のマジニと戦う時の面白さを引き継いでいる存在。

・「ジュアヴォ」は再生が追いつかないほどの傷を負うと、別の形状に突然変異することがある。それに伴い、行動や状況なども変わってくる。この変異には更なる謎が隠されている。


情報元http://remoon.blog15.fc2.com/blog-entry-20092.html
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。